スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモールワールドフランス語版

sw_motionx_skin3.jpg
スモールワールドフランス語版を入手しました。

フランスでもスモールワールド(Small World)は人気があり,パリのほとんどのボードゲーム店では品切れで店頭で見つけるのが困難な状態が続いていました。あっちこっち廻ってようやく見つけました。

コンボ
種族や特殊能力は若干言語に依存するものの、イラストが綺麗で分かりやすいです。

IMG_2223b_2_20090724072625.jpg IMG_2224b_2_20090724072626.jpg
2人用マップ(左)と5人用マップ(右)

IMG_2222b_2.jpg
大きさの比較

以下は英語版と仏語版の種族と特殊能力の表記の比較。日本語名は海長とオビ湾さんから許可を頂き和訳を参照しました。英語,仏語のカタカナはあくまで便宜的な読みです。

種族(英:Races /仏:Peuples)

日本語アマゾネスドワーフエルフグール巨人
英語Amazons
アマゾンズ
Dwarves*
ドゥウォーヴズ
Elves
エルヴズ
Ghouls*
グールズ
Giants
ジャイアンツ
仏語Amazones
アマゾーヌ
Nains
ナン
Elfes
エルフ
Zombies
ゾンビ
Géants
ジェアン

日本語ホビット人間オークラットマンスケルトン
英語Halflings
ハフリングス
Humans
ヒューマンズ
Orcs
オークス
Ratmen
ラットメン
Skeletons
スケルトンズ
仏語Mi-portions*
ミ・ポルスィオン
Humains
ユマン
Orcs
オルク
Hommes-rats
オム・ラ
Squelletes
スクレット

日本語ソーサラートリトントロールウィザード
英語Sorcerers
ソーサラーズ
Tritons
トライトンズ
Trolls
トロルズ
Wizards
ウィザーズ
仏語Sorciers
ソルスィエ
Tritons
トリトン
Trolls
トロル
Mages*
マージュ


特殊能力(英:Special Power/仏:Pouvoirs Spéciaux)

日本語錬金術師バーサーカー露営戦闘員外交官
英語Alchemist
アルケミスト
Berserk
バーサーク
Bivouacking
ビヴアーキング
Commando
コマンドー
Diplomat
ディプロマット
仏語Alchimistes
アルシミスト
Berserks
ベルセルク
Scouts
スクート
Armés
アルメ
Diplomates
ディプロマット

日本語ドラゴンマスター飛行能力要塞英雄
英語Dragon Master
ドラゴン マスター
Flying
フライング
Forest
フォーレスト
Fortified*
フォーティファイド
Heroic
ヒロイック
仏語Et leur Dragon*
エ ルール ドラゴン
Volants
ヴォラン
Des Forêts
デ フォレ
Bâtisseurs
バティシュール
Aux deux Héros
オ ドゥ エロ

日本語商人騎馬作戦略奪海軍
英語Hill
ヒル
Merchant
マーチャント
Mounted
マウンティド
Pillaging
ピリジング
Seafaring
スィーファーリング
仏語Des Collines
デ コリーヌ
Marchands
マルシャン
Montés
モンテ
Pillards
ピヤール
Marins
マラン

日本語亡き者の魂不屈の精神沼地地下世界財宝
英語Spirit*
スピリット
Stout*
スタウト
Swamp
スワンプ
Underworld
アンダーワールド
Wealthy
ウェルシー
仏語Ancestraux
アンセストロ
Durs à cuire
ドュール ア 
キュイール
Des Marais
デ マレ
Des Cavernes*
デ カヴェルヌ
Fortunés
フォルテュネ


On tire a vue
ほかの違いはこの「ホビットの丘」(英:Holes-in-the-Ground 仏:Tanières) の表示。 「ホビットの丘」とは海長とオビ湾さんの妙訳
立て看板には「ON TIRE A VUE (オン ティール ア ヴ)見つけ次第射殺する」:要は「よそものは入ってくるな」「立ち入るべからず」といった意味。

英語版はTRESPASSERS WILL BE SHOT 「不法侵入者は射殺する」

種族と特殊能力の組み合わせで14X20=280種類のコンボが理論的には成立し、また種族の衰退させるタイミングも含めると毎回違ったいろんなゲーム展開が楽しめるのもこのゲームの魅力です。
以下は英仏の用語の比較解説。

種族

ドワーフは英語ではDwarvesですが仏語ではNainとなっています。

ちなみに「白雪姫と7人の小人」は
英語でSnow White and 7 dwarves  スノーホワイト アンド セヴン ドゥウォーヴズ
仏語でBlanche-Neige et les 7 nains   ブランシューネージュ エ レ セット ナン

英語はGhoul。なぜ仏語はZombiesなのかは調べた限りちょっとわかりません。

Halflingsの仏語はHalfelinsですが、Mi-porsion(Mi- 半ばの)となっています。Demi-porsion (ホビットの別名)からとったのかもしれません。

仏語でwizardはmagician, sorcierの意にとられることもあり、混乱を避ける意味でもmageをとったのかもしれませんが、これもくわしいことはわかりません。

特殊効果

Fortifiedは「要塞化された」 Bâtisseur(バティシュール)は建築家の意。

Et leur dragon et = and(英) leur = their(英) で「とかれら(その種族)のドラゴン」

Spiritは魂、Ancestrauxは先祖の意。

Stoutにはいろいろな意味がありますがここでは「屈強な人」の意。
Durs à cuire  Durは英語で言う"hard" cuireは「料理する」。肉などが固くて煮えにくい場合のほかに手強い人、したたかな人の意にも使われます。

Carverneは洞窟の意。



sw_desktop09.jpg

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。