スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サント・マルグリット教会とルイ17世の墓?

ヴァレンヌ逃亡事件を起こした国王一家はパリに連れ戻された後、タンプル塔に幽閉されます。その中にマリー・アントワネットの息子、ルイ=シャルルがいました。

1793年、ルイ16世が処刑されるとシャルルはルイ17世となりましたが、劣悪な環境下、病気になり、タンプル塔で10歳の短い生涯を閉じました。その遺体は心臓を摘出された後、秘密裏に埋葬されました。

しかしアナスタシアのように、実はルイ17世はテンプル塔を脱出して死を逃れ、「われこそはルイ17世である」という偽者が何十人も後に出現します。その中でもカール・ヴィルヘルム・ナウンドルフという人物が有名です

ルイ17世は本当にタンプル塔で死んだのか、それとも生き延びていたのか。謎が残されました。



IMG_9038_2_20130604072742.jpg
バスチーユ広場からそれほど遠くないところにサント・マルグリット教会があります。

IMG_9042_2_20130604072741.jpg
教会の内部。丸みを帯びた天井と円窓。

IMG_9054_2.jpg
IMG_9086_2.jpg
IMG_9085_2.jpg
IMG_9084_2.jpg
IMG_9073_2.jpgIMG_9055_2.jpg
見事な彫刻、絵画、そしてステンドグラス。

IMG_9047_2_20130604072740.jpg
サント・マルグリット

IMG_9087_2.jpg
IMG_9087trim.jpg
1805年にはローマ法王ピウス7世が訪れています。


IMG_9053_2.jpg
この教会で見ておくべき物の一つに煉獄の霊魂の礼拝堂があります。  

IMG_9064_2_20130604072938.jpg
だまし絵(trompe-l'œil)で知られるPaolo Antoni Brunettiによる見事な装飾。

IMG_9040_2.jpg
かつて教会の隣にはサント・マルグリット墓地があり、恐怖政治時代、ギロチン台に送られた多くの人がここへ埋葬されました。タンプル塔で亡くなったルイ17世もここに埋葬されたといわれています。

この教会の外には小さな方庭があります。教会の人に話を聞くとルイ17世の墓があるというので見せてもらうことにしました。

IMG_9090_2.jpg
扉を開けてもらって外に出ます。

IMG_9091_2.jpg
少し歩くと方庭がありました。

IMG_9093_2.jpg
IMG_9094_2.jpg
王家の墓ならさぞ大きくて立派な墓碑だろうと思って探してみるとそれらしいものはまったく見当たりません。

IMG_9097_2.jpg
小さな十字架を覗き込んでみると。。。

IMG_9100_2.jpg
ルイ17世(1785-1795)と彫ってありました。これに間違いありません。

実は1846年にこの墓を掘り起こして遺骨を調べると推定年齢は15〜18歳くらいだったそうです。このために多くの憶測を呼びました。ルイ17世はタンプル塔で死んでいなかった、だれかとすり替わっていたのだ。あるいは彼はとっくに死んでいた。スキャンダルを恐れて後になって別人の死体を使って葬儀をしたのだ。等。。


「ルイ17世はタンプル塔で死んだのか、それとも生き延びたのか」

この謎は数百年を経た現代、DNA解析によって解明されました

2000年にタンプル塔で取り出された少年の心臓とマリーアントワネット等の遺髪、そしてナウンドルフの遺髪や遺骨などを調べ、その塩基配列を比較した結果、タンプル塔で取り出された少年の心臓がルイ17世のものであることが確定的となりました。

これによりやはりルイ17世はタンプル塔で亡くなったという結論がでました。心臓は2004年、サン=ドニ大聖堂に納められました。

IMG_9105_2.jpg
しかしまだ一つ疑問が残されています。

IMG_9098_2.jpg
ここに眠っているのは一体誰なのかはいまだに謎のままなのです。

サント・マルグリット教会
36 rue St Bernard
メトロ8番線ルドュリュ・ロラン(Ledru-Rolin)駅から徒歩5分

参考:
ルイ17世のDNA鑑定

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。