スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリのゲームセンター

パリ市内には日本のゲームセンターに相当する施設がほとんどありません。

複合娯楽施設としてはここラ・テット・ダン・レ・ヌアージュ(La tête dans les nuages)があります。
ラ・テット・ダン・レ・ヌアージュとは直訳すると「雲の中の頭」ということになるのですが、映画のタイトルにもなっています。またdans les nugagesを使った表現に

Il est dans les nuages.
彼はうわの空だ。
直訳:彼は雲の中にいる

といったものがあります。

このゲームセンターは建物の地下にありますが、天井は高く、明るく広々とした印象を受けます。テレビゲームだけでなく、ミニボーリング場、ビリヤード台などがあります。

IMG_3091_2.jpg
多くはレーシングゲームなど複数の人と同時に楽しめるタイプです。

IMG_3092_2.jpg

IMG_3094_2.jpg
筐体は日本製が多く、ナムコやセガなどが設置されています。

日本のように筐体に直接硬貨を入れるのではなく、専用のコインを購入してプレイします。

IMG_3089_2.jpg
ミニボーリング場。

IMG_3093_2.jpg
小さめのボーリングとあって子供連れで遊ぶ人が多いようです。

IMG_3090_2.jpg
ビリヤードはコイン式の小さめの台が数台。


ボストン近郊にいた時も日本のようなゲームセンターはなく、ボーリング場やビリヤード台などが設置された施設にテレビゲームの筐体も設置されているという場合が多かったです。

アメリカでは対戦格闘ゲームより、スポーツゲーム(主に野球、バスケット、アメフトなど)やウォーゲーム、ガンシューティングなどが人気でした。ここパリでも格闘ゲームは少なく、スポーツはやはりサッカー、そしてテニスなどが多めに設置されています。

家庭用ゲーム機の普及、携帯ゲーム機の普及、そしてオンラインゲームの普及とともに、日本のゲームセンターも常に変化を続けていますが、このパリのゲームセンターも時代の変遷とともにやはり変わっていくでしょうか。


La tête dans les nuages
5 Boulevard des Italiens, 75002 Paris
メトロ8、9番線リシュリュー ドリュオー(Lichelieu Dorouot)駅前

参考:
パリの対戦格闘ゲームセンター

COMMENTS

いろいろな海外の情報をお伝え頂き

有り難うございました。

また、明日も時間が許せば訪問するかもしれませんが・・・

取り敢えず

良いお年をお迎えください。

No title

こちらこそいろいろとありがとうございます。

良いお年を。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。