スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屹立するのは建築物、それとも芸術作品?

古い建物と新しい建物が混在するパリ。
石造りの古い建物が多いパリ中心部を離れると、先鋭の建築家が建てた建物がいくつか散見されます。

IMG_6026_2.jpg
ペルポール通りにあるビルもその一つと言っていいでしょう。建築家フレデリック ボレルによって建てられました。1999年完成。

IMG_6020_2.jpg
裏側に廻ってみてもちょっと普通のビルとは違います。

IMG_6024_2.jpg
別の角度から。どこからみても奇妙な形の建物です。

IMG_6022_2.jpg
こういった斬新なスタイルの建物、「デザイン重視で機能性が低い」というのはよく言われることですが、この建物も実際のところどうなのでしょう。

131 Rue Pelleport
メトロ11番線テレグラフ(Télégraphe)駅から徒歩6分

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。