スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖エスプリ教会

パリの教会というとたいていはしっかりと独立した区画があって周りとはっきり区別され、「そこに教会がある」ことが初めて来た者にもわかります。

IMG_6699_2.jpg
しかしこの聖エスプリ教会は入り口部分の両側が別の建物に挟まれ、完全に周りと同化したような雰囲気があります。
IMG_6732_2d.jpg
普通に通りをまっすぐ見ながら歩いているとそこに教会があることに気づかずに素通りしてしまうかもしれません。

IMG_6701_2.jpg
中に入ると荘厳な雰囲気を感じつつもどこか普通の教会とは違うものを感じます。そう、まるでプラネタリウムの中に入ったような印象を受けます。

IMG_6700_2.jpg
それはこの天井全体をを覆う巨大なドーム。直径22メートル、高さは33メートルあるそうです。
訪れる者の顔を上に向けないわけにはいかなくさせます。

イスタンプールにあるハギアソフィアから着想を得て、建築家ポール・トゥルノンにより1928年から建築が始まり、1935年に完成したとのこと。

IMG_6709b_2.jpg

IMG_6705b_2.jpg
全てが丸みを帯びた曲線で構成されています。

IMG_6719_2.jpg
やや褐色がかったステンドグラス。きらびやかさはないものの、落ち着いた気持ちにさせてくれます。

IMG_6725_2.jpg
入り口の反対側から見る教会。ここから見るとはっきりと教会があることがわかります。

IMG_6726_2.jpg
屋上部分に見えるドームがなんといっても印象的です。


Paroisse du Saint-Esprit
186 Avenue Daumesnil
メトロ6、8番線ドメニル(Daumesnil)駅から徒歩4分

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。