スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリップ オーギュストの城壁 その1

かつてのパリは都市の周りを防衛のための城壁が取り巻いていました。都市の拡大に伴い、新たな城壁が建設され、古い城壁は取り壊されていきました。パリには未だにそのような城壁の一部が遺っています。

City Walls in Paris 2010
パリの城壁(Wikiより改変)


City Walls in Paris拡大図
中心部の拡大図。

そのうちの一つ、フィリップ・オーギュストの城壁(上図:紫色のライン)の跡がジャルダン・サン・ポール通りに遺っています。

IMG_6132b_2.jpg
12世紀後半に建設された二つの塔に挟まれた壁の長さは70メートルだそうです。

IMG_6134b_2.jpg
800年以上も前に作られた物なのにすぐそばでバスケットボールをしています。

IMG_6138b_2.jpg
こうして見るとかなりの長さ。これだけの大きさのものが都市の真ん中に未だに遺っているのも不思議なものです。

IMG_6137b_2.jpg
北側の塔の部分。

IMG_6139b_2.jpg
裏側から見た図。

このフィリップ・オーギュストの城壁はここ以外にも、いくつかの場所で見つけることができます。
また、この城壁に限らず、パリにはいくつかの城壁跡が一般の市民の目につくところで見つかります。


フィリップ・オーギュストの城壁
Rue des Jardins-Saint-Paul
メトロ1番線サン・ポール(Saint-Paul)駅から徒歩3分。

参考:
フィリップ オーギュストの城壁 その2
フィリップ オーギュストの城壁 その3
忘れられた砦

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。