スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の通りとハートの扉

メトロ13番線ペルネティ駅を出てRaymond Losserand通りを南西に向かって歩くとRue des Thermopylesという通りが左側に見えます。

IMG_4398c_2.jpg
小さなこの路地に入ると先ほどの往来が嘘のように静まり返った空間に出会います。通りの建物はつたなどはじめとした様々な植物が家々を緑に彩ります。

IMG_4401c_2.jpg
反対側から見た道。

この通りの南にあるCité Bauer通りを歩くとやはりどことなく別空間に入ったような感じがします。

IMG_4395c_2.jpg
とりわけ、このハートの形をした扉が通りを歩く人々の足を止めます。

IMG_4394c_2.jpg
この扉はハンガリー出身のAlexandre Mezeiの作品。ここは実際に彼が住んでいた家です。

IMG_4393c_2.jpg
ヨーロッパスタイルの中にどことなくオリエンタルな印象も感じる作風です。

Rue des ThermopylesとCité Bauer
メトロ13番線ペルネティ駅からそれぞれ徒歩1分、3分。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。