スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲームイベント その1

帰国直前にパリで催されたボードゲームのイベントに参加してきました。今年で3度目になるこのイベント、週末2日間にかけて屋外で開催されました。

過去のイベントについてはそれぞれ(こちら)をクリックしてください。

第1回 その1(こちら)、その2(こちら
第2回(こちら


今回は60以上のゲームメーカーが参加。各メーカーの代表作から新作まで幅広いジャンルのゲームが紹介されていました。

ボードゲーム以外にも屋外で遊べるゲームが並んでいました。

IMG_6696.jpg
木でできたゲーム群。

IMG_6697_2.jpg
子供も父親も一緒に遊んでいます。

IMG_6610.jpg
フランスでも人気が出てきたフィンランド生まれのゲームモルック(Mölkky)

IMG_6604.jpg

IMG_6608.jpg
去年と同様、小さい子供用のプレイスペースが設置されています。

IMG_6674.jpg

IMG_6673.jpg

IMG_6609.jpg

IMG_6606.jpg
子供向けゲームも充実しています。

IMG_6701.jpg

IMG_6676.jpg

IMG_6675.jpg
クニツィアのカンガルー

前回と同様、会場にはデモンストレーション用の大きめのボードゲームが設置されていました。

IMG_6684.jpg
大きな地図の「乗車券ヨーロッパ」。

IMG_6685.jpg
電車もよくできています。

IMG_6611.jpg
しかしその大きさが仇となって立ちながらのプレイになってしまうのは致し方ないか。

IMG_6705.jpg
巨大なパンデミック(2013年版)。

IMG_6638.jpg
そしてそれに立ち向かう気合の入った人々。

IMG_6652.jpg
こちらも大きめのカタン。

IMG_6698.jpg
ルイス・クラーク探検隊(Lewis & Clark)。19世紀初頭アメリカ西部を探検したルイス・クラーク探検隊がゲームのテーマになっています。同じテーマを扱ったゲームがすでにいくつか出ていますが、これは今年出されたもの。写真のものがプロトタイプかは完成品かは不明。

IMG_6690.jpg

IMG_6699.jpg
日本でも発売された「星の王子様(Le Petit Prince)」

IMG_6660.jpg
レクイエム ヴァンパイア ナイト

IMG_6692.jpg
会場には見たこともないアブストラクトゲームが数多く展示されていました。

IMG_6637.jpg
カンヌの国際ボードゲーム祭を始め、著名な賞にノミネートされたり受賞されたアバラム

IMG_6636.jpg

IMG_6668_02.jpg
北のベニス(La Venise du Nord)。ベルギーの水の都、ブルージュを舞台にしたゲーム。

IMG_6669_02.jpg
レ・バティスール (Les Bâtisseurs)。バティスールとは建築家の意。タイムライン (Timeline)のデザイナー、フレデリック・アンリの作品。テストプレイでも順番待ちの作品でした。

IMG_6624.jpg
タイムマスターズ。詳細は不明。デックビルディングゲームのようです。

IMG_6671.jpg
ペイントボールをモデルにしたカラー ウォーズ:ペイントブロウル

IMG_6664.jpg

IMG_6681.jpg
ファントムソサイエティ

IMG_6633.jpg
スコットランドの邸宅を壊していくゴーストとそれを阻止するハンターとの戦い。ボードがユニークです。

IMG_6715.jpg
2013年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞したゲーム、アンドールの伝説

IMG_6639_02.jpg

IMG_6691.jpg
ツヴィンケルンの仏語版「ウィンク」。


IMG_6693.jpg

IMG_6657.jpg
ニューヨークキングス

IMG_6656_02.jpg
マンハッタンを舞台にマフィアグループの勢力争いが展開されます。

IMG_6658.jpg
デモンストレーション用の立体的なビル群。これだけでも欲しいかも。

IMG_6620.jpg

IMG_6619.jpg
会場のテーブルの上にはなぜか石が。実は風が吹いたときにカードが飛ばないように重しとして使っていました。屋外でゲームをするときの工夫ですね。

IMG_6666_02.jpg
対戦型協力ゲーム、ジグザク

IMG_6640.jpg

IMG_6661_02.jpg
マスカレード。「クー」と似たタイプのゲーム。

IMG_6665.jpg

IMG_6663.jpg
タイタニウムウォー(TITANIUM WAR)。タイタニウムをめぐって宇宙で争われるカードゲーム。

IMG_6628.jpg
カクテルゲームズ社のスペースではパンデミック禁じられた島をデザインしたマット・リーコックの新作「禁じられた砂漠(Forbidden Desert)」やロンドンからラジオロンドンを通じてナチ占領下のフランスへドイツ軍の妨害をかわしてメッセージを伝えるゲーム「こちらロンドン(Ici Londres)」などが発表されていました。

IMG_6644.jpg
ポリスシティ

IMG_6680.jpg
Grosso Modo Edition社から。ローマとカルタゴノスフェラトゥポリスパーティー


IMG_6617.jpg
IMG_6616.jpg
マタゴ社のスペースで。ルーム25や日本のシャドウハンターズなどが発売されています。

IMG_6635.jpg

IMG_6667.jpg
Conflict of Heroes: Awaking the Bear。 シリーズ物になっている作品で写真のは第2版。第二次世界大戦におけるドイツ軍とソビエト軍の戦闘を描くウォーゲーム。

IMG_6688.jpg


IMG_6632.jpg
三匹のコブタ (Les Trois Petits Cochons)

IMG_6666_2.jpg
女性だけの参加者グループ。日本ではこういう光景は見られるのでしょうか?

IMG_6630.jpg
プロトタイプのスペース。

IMG_6704.jpg
去年と同様、みなそのまま販売できるのではないかと思うほどのコンポーネントの出来栄え。どのゲームも興味を持った人々でいっぱいでした。



総括

今年で3度目になるこのイベント。回を重ねるごとに充実してきているのがわかります。フェイスブックの活用などで情報を入手する手段が増え参加者が増えているような気がしました。去年と同様、子供向けのスペースを設けてあり、ゲーマーだけでなく家族で訪れることができるように準備されていました。また特記したいのはプロトタイプスペースの人気。新作よりも人であふれていました。ゲームをデザインしたらだれでも誰かにテストプレイをしてもらいたいと思うところ。大勢の人から自分のデザインしたゲームをプレイされてデザイナーも感無量でしょう。

つづきはプレイしたゲームと発売されていた日本のゲームについて紹介したいと思います。
スポンサーサイト

隔世の感

先月末に帰国しました。10年以上前に渡米したころと比べて多くのものが変わっていました。

その中で自分の生活に直接大きく影響することはパソコンです。自分はずっとマックを使ってきました。

渡米前、自分の仕事の分野ではマックが職場で多数を占めていました。アメリカでもフランスでもみんなマックを使っていました。ところが日本に帰ってみると今はみんなウィンドウズ。マックを使っている人は一人か二人しかいません。これは正直驚きでした。

ウィンドウズはアメリカでもフランスでも使う機会が限られて自分は基本的な操作しかできません。

今までは仕事でも私生活でもマックだけで問題なかったのですが、これからはそうもいかなくなったようです。
しばらくはウィンドウズについて勉強しないといけません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。