スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サント・マルグリット教会とルイ17世の墓?

ヴァレンヌ逃亡事件を起こした国王一家はパリに連れ戻された後、タンプル塔に幽閉されます。その中にマリー・アントワネットの息子、ルイ=シャルルがいました。

1793年、ルイ16世が処刑されるとシャルルはルイ17世となりましたが、劣悪な環境下、病気になり、タンプル塔で10歳の短い生涯を閉じました。その遺体は心臓を摘出された後、秘密裏に埋葬されました。

しかしアナスタシアのように、実はルイ17世はテンプル塔を脱出して死を逃れ、「われこそはルイ17世である」という偽者が何十人も後に出現します。その中でもカール・ヴィルヘルム・ナウンドルフという人物が有名です

ルイ17世は本当にタンプル塔で死んだのか、それとも生き延びていたのか。謎が残されました。



IMG_9038_2_20130604072742.jpg
バスチーユ広場からそれほど遠くないところにサント・マルグリット教会があります。

IMG_9042_2_20130604072741.jpg
教会の内部。丸みを帯びた天井と円窓。

IMG_9054_2.jpg
IMG_9086_2.jpg
IMG_9085_2.jpg
IMG_9084_2.jpg
IMG_9073_2.jpgIMG_9055_2.jpg
見事な彫刻、絵画、そしてステンドグラス。

IMG_9047_2_20130604072740.jpg
サント・マルグリット

IMG_9087_2.jpg
IMG_9087trim.jpg
1805年にはローマ法王ピウス7世が訪れています。


IMG_9053_2.jpg
この教会で見ておくべき物の一つに煉獄の霊魂の礼拝堂があります。  

IMG_9064_2_20130604072938.jpg
だまし絵(trompe-l'œil)で知られるPaolo Antoni Brunettiによる見事な装飾。

IMG_9040_2.jpg
かつて教会の隣にはサント・マルグリット墓地があり、恐怖政治時代、ギロチン台に送られた多くの人がここへ埋葬されました。タンプル塔で亡くなったルイ17世もここに埋葬されたといわれています。

この教会の外には小さな方庭があります。教会の人に話を聞くとルイ17世の墓があるというので見せてもらうことにしました。

IMG_9090_2.jpg
扉を開けてもらって外に出ます。

IMG_9091_2.jpg
少し歩くと方庭がありました。

IMG_9093_2.jpg
IMG_9094_2.jpg
王家の墓ならさぞ大きくて立派な墓碑だろうと思って探してみるとそれらしいものはまったく見当たりません。

IMG_9097_2.jpg
小さな十字架を覗き込んでみると。。。

IMG_9100_2.jpg
ルイ17世(1785-1795)と彫ってありました。これに間違いありません。

実は1846年にこの墓を掘り起こして遺骨を調べると推定年齢は15〜18歳くらいだったそうです。このために多くの憶測を呼びました。ルイ17世はタンプル塔で死んでいなかった、だれかとすり替わっていたのだ。あるいは彼はとっくに死んでいた。スキャンダルを恐れて後になって別人の死体を使って葬儀をしたのだ。等。。


「ルイ17世はタンプル塔で死んだのか、それとも生き延びたのか」

この謎は数百年を経た現代、DNA解析によって解明されました

2000年にタンプル塔で取り出された少年の心臓とマリーアントワネット等の遺髪、そしてナウンドルフの遺髪や遺骨などを調べ、その塩基配列を比較した結果、タンプル塔で取り出された少年の心臓がルイ17世のものであることが確定的となりました。

これによりやはりルイ17世はタンプル塔で亡くなったという結論がでました。心臓は2004年、サン=ドニ大聖堂に納められました。

IMG_9105_2.jpg
しかしまだ一つ疑問が残されています。

IMG_9098_2.jpg
ここに眠っているのは一体誰なのかはいまだに謎のままなのです。

サント・マルグリット教会
36 rue St Bernard
メトロ8番線ルドュリュ・ロラン(Ledru-Rolin)駅から徒歩5分

参考:
ルイ17世のDNA鑑定
スポンサーサイト

エロイーズとアベラール

IMG_5741_2.jpg
ノートルダム寺院があるシテ島。

IMG_5734_2.jpg
このシテ島のフルール河岸通りにひっそりと男女の彫像で飾られた家があります。

IMG_5731trim.jpg
ここはパリ版ロメオとジュリエットと言われるアベラールとエロイーズが住んでいた場所です。現在ある建物は1849年に再建されました。

IMG_5733_2.jpg
アベラール (Pierre Abélard)

IMG_5732_2.jpg
エロイーズ (Héloïse)

IMG_5735_2.jpg

エロイーズは17、18歳の頃、パリに移り、彼女の才能に気づいた母親がノートルダム大聖堂*参時会議員のフュルベールに事情を説明します。フュルベールは姪のエロイーズの世話をすることを引き受けました。

*現在のノートルダム大聖堂ではない。

その美貌のみならず、その知性、ラテン語、ギリシャ語、ヘブライ語を理解する彼女の評判は広く知られ、当時才能のある哲学者の一人であったアベラールは彼女の気を惹くため、彼女の教師を申し出ます。アベラールの評判を恐らく知っていたであろうフュルベールは彼を姪の教師として雇い入れます。

この時エロイーズ18歳、アベラール39歳。2人は恋に落ち、やがてエロイーズは妊娠します。アベラールはブルターニュにいる妹のもとに彼女を移し、そこで男の子が生まれます。

彼の経歴を台無しにしないために2人は秘密裏に結婚し、アベラールはエロイーズをアルジャントュイユ修道院に移します。激怒したフュルベールは人を使いアベラールを襲撃し、去勢してしまいます。

これ以後、アベラールはサン・ドニ修道院で修道士となり、 エロイーズはアルジャントュイユ修道院の修道院長になりました。のちにエロイーズはアベラールが設立したパラクレ大修道院へ移り、そこで大修道院長になります。

アベラールはサンマルセル修道院で1142年に世を去り、エロイーズは彼の遺体を密かにパラクレ大修道院へ移させました。1164年に彼女は亡くなり、アベラールの隣に葬られ、2人はついに一緒になりました。

その後、1630年に修道院長が2人の遺体を掘り起こし遺骨を別々に選り分けるといった事件がありましたが、19世紀始めに2人はパリのペール・ラ・シェーズ墓地に葬られました。

IMG_5874_2.jpg
IMG_5873_2.jpg
IMG_5875_2.jpg
ペール・ラ・シェーズ墓地にあるエロイーズとアベラールの墓。

エロイーズとアベラールが住んでいた場所
9, 11 quai aux Fleurs 75004 Paris
メトロ4番線シテ(Cité)駅から徒歩3分

古のバリの水源には

20区には「水」に因んだ名前をもつ通りが局在している区画があります。

例としてデュエ通り (rue de la Duée)、リゴル通り (rue des Rigoles)、マール通り (rue de la Mare)、カスカード通り (rue des Cascades)などがあげられます。

duée: 泉
rigole: 排水用の溝、水の細い流れ
mare: 小さな池、水たまり
cascade: 滝

12世紀頃のパリ右岸はベルビル近辺の泉を飲料水として確保していました。その後、この水の水質を点検する小さな建物が建てられました。それらはルガール(regard)と呼ばれています。

ベルビル周辺にはこのルガールが4つ現存しています。

サン・マルタンのルガール (Regards Saint-Martin)
メスィエのルガール (Regards des Messiers)
ランテルヌ*のルガール (Regards de la Lanterne)
ロケットのルガール (Regards de la Roquette)

*ランテルヌのみ19区

IMG_6032_2.jpg
これはサン・マルタンのルガール。見た目は石造りの小屋のようです。

IMG_6028_2.jpg
表記されているのはラテン語。17世紀から18世紀に建てられたものが、1804年に修復され現在の姿になったようです。サン・マルタン・デ・シャン修道院への水の供給に重要な役割を果たしました。

IMG_6033_2.jpg
メスィエのルガール

IMG_6034_2.jpg
坂道の住宅街の一角にあり、一見しただけでは物置とかわりなく、これがいかに歴史的価値があるかは知る由もありません。

IMG_6045_2.jpg
ランテルヌのルガール。

IMG_6046_2.jpg
公園の中にあり、誰でも間近に見ることが出来ます。1583年から1613年の間に造られました。

IMG_6047_2.jpg
こちらはほかのと違い円形のドーム型です。塔頂部のランタン(仏:ランテルヌ)に由来してこの名がつけられました。

IMG_5920_2.jpg
ロケットのルガールは私有地の団地の中にあり、マール通りから格子ドア越しに姿を見ることが出来ます。

IMG_5917_2.jpg
向こう側のカスカード通りからも格子越しにその姿を見ることが出来ます。こちらからのほうが見やすいです。

IMG_5919_2.jpg
パリの水の歴史を語るものがこんな身近にあるのも不思議なものです。


ベルビル近辺のルガール

サン・マルタン:
42 rue des Cascades 75020

メスィエ:
17 rue des Cascades 75020

ランテルヌ:
213 rue de Belleville 75019

ロケット:
36-38 rue de la Mare 

参考:
パリの井戸

パリの対戦格闘ゲームセンター

レピュブリック広場から放射線に広がる道路。その一つにヴォルテール通りがあります。

IMG_5526.jpg
IMG_5528_2.jpg
この通りには日本のアニメやゲーム関連を扱った店が並んでいます。

IMG_5530_2.jpg
IMG_5529_2.jpg
日本人にとって懐かしのアニメから最近のアニメまで

IMG_3443_2.jpg
その一つ、SQUARE GAMESという店ではゲームを売っているだけでなく、日本のアーケードゲームを実際にプレイして楽しむことが出来ます。

IMG_3446_2.jpg
受付で3ユーロ(2013年3月現在)払って地下に降りるとその光景は日本のゲームセンター。フリープレイで閉店時間まで好きに遊ぶことが出来ます。

IMG_3451.jpg
置いてあるのは日本の格闘ゲームの筐体。または北米向けの英語バージョン。すべて格闘ゲームです。

IMG_3447_2.jpg
IMG_3445_2.jpg
ストリートファイターIVなど最近のゲームも設置されています。

IMG_3444_2.jpg
往年の名作スーパーストリートファイターIIX

日本を離れてから格闘ゲームとはしばらく縁がありませんが、懐かしさのあまり思わずプレイをしていると、フランス人に勝負を挑まれることがあります。

まあ大抵は勝てるのですが、たまに異常に強いバイソン使いとか、ハメ技を極めたT・ホーク使いとかがいて驚きます。多段コンボを極めたりとどうみても対戦攻略の研究をしているフランス人です。

彼らの中にはときどき日本語で話しかけてくる人もいます。聞けば日本で1、2年ほど仕事をしていた、というからこれまた驚きです。

IMG_3450.jpg
日本のマンガはフランスで人気ですが、テレビゲームにおいてもフランス人の心を捉えているようです。

SQUARE GAMES
5 boulevard Voltaire 75011 Paris
メトロ3、5、8、9、11番線レピュブリック(Républic)駅またはメトロ5、9番線オベルカンフ(Oberkampf)駅から徒歩2分

参考:
パリのゲームセンター

パリのゲームセンター

パリ市内には日本のゲームセンターに相当する施設がほとんどありません。

複合娯楽施設としてはここラ・テット・ダン・レ・ヌアージュ(La tête dans les nuages)があります。
ラ・テット・ダン・レ・ヌアージュとは直訳すると「雲の中の頭」ということになるのですが、映画のタイトルにもなっています。またdans les nugagesを使った表現に

Il est dans les nuages.
彼はうわの空だ。
直訳:彼は雲の中にいる

といったものがあります。

このゲームセンターは建物の地下にありますが、天井は高く、明るく広々とした印象を受けます。テレビゲームだけでなく、ミニボーリング場、ビリヤード台などがあります。

IMG_3091_2.jpg
多くはレーシングゲームなど複数の人と同時に楽しめるタイプです。

IMG_3092_2.jpg

IMG_3094_2.jpg
筐体は日本製が多く、ナムコやセガなどが設置されています。

日本のように筐体に直接硬貨を入れるのではなく、専用のコインを購入してプレイします。

IMG_3089_2.jpg
ミニボーリング場。

IMG_3093_2.jpg
小さめのボーリングとあって子供連れで遊ぶ人が多いようです。

IMG_3090_2.jpg
ビリヤードはコイン式の小さめの台が数台。


ボストン近郊にいた時も日本のようなゲームセンターはなく、ボーリング場やビリヤード台などが設置された施設にテレビゲームの筐体も設置されているという場合が多かったです。

アメリカでは対戦格闘ゲームより、スポーツゲーム(主に野球、バスケット、アメフトなど)やウォーゲーム、ガンシューティングなどが人気でした。ここパリでも格闘ゲームは少なく、スポーツはやはりサッカー、そしてテニスなどが多めに設置されています。

家庭用ゲーム機の普及、携帯ゲーム機の普及、そしてオンラインゲームの普及とともに、日本のゲームセンターも常に変化を続けていますが、このパリのゲームセンターも時代の変遷とともにやはり変わっていくでしょうか。


La tête dans les nuages
5 Boulevard des Italiens, 75002 Paris
メトロ8、9番線リシュリュー ドリュオー(Lichelieu Dorouot)駅前

参考:
パリの対戦格闘ゲームセンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。