スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シメール

DSC_0546.jpg
今回はフランスの新作、シメール(Chimère)を紹介したいと思います。

シメールとはフランス語でキマイラのこと。

プレイヤーは王国の魔術師となり、その王国の人々に気に入られる季節応じたゆるキャラ?(シメール)を創って競い合います。

DSC_0549.jpg
20種類の動物のタイルがあり、それぞれ頭、胴体、しっぽから構成されます。裏面は共通で羊(mouton ムトン)です。

DSC_0548.jpg
プレイヤーは春、夏、秋、冬のシメールを創ることになります。季節に応じたボードの上に動物のパーツを配置します。

DSC_0555.jpg
またそれ以外にシメールのコンクールがあります(後述)。

準備

先ほどの動物パーツをシャッフルし裏面の羊の体(頭、胴、しっぽ)が揃うようにして裏向きに重ね、各プレイヤーの前に置きます。また手前に季節のボードを配置します。

DSC_0558.jpg
各プレイヤーは季節に応じたシメールを作りますがそれぞれに課題が与えられます。各季節集めるべきメジャーポイントとマイナーポイントがあります。

パーツの確保と配置

各自一斉に頭、胴体、しっぽのパーツを一つずつどこからでも取ることが出来ます。取ってきたパーツを欲しければ自分のボードの4つの場所(春、夏、秋、冬)の空いているところに配置できますが、気に入らない場合、他のプレイヤーのボードの空いているところ(対応する場所:頭のパーツなら頭の場所)に配置することが出来ます。

プレイヤー全員のボードがすべて埋まったらプレイをいったん中止します。

パーツの入れ替え

砂時計を返して4つのシメールのパーツを入れ替えることができます。注:かならず一度に2つだけを入れ替える。
それぞれのタイルには4つの能力が表示されており、その数の合計が評価の対象になります。季節によって必要とされる能力が違うのでどうすれば効率の良い点を取れるか思考パズルが始まります。

DSC_0554.jpg
自分の望むシメールが完成したと思ったプレイヤーは砂時計を取ります。流れきったらひっくり返します。他のプレイヤーは砂時計が流れきるまでプレイを続けることが出来ます。

砂時計を取ったプレイヤーはコンクールのお題を読み、自分の4つのシメールを見ながら、そのお題にふさわしいと思った季節のシメールに配置して他プレイヤーにお題と自分が選んだ季節を言います。

砂時計が流れきったら入れ替えは中止になります。

注:各シメールは必ず3つとも違う動物のパーツを使わなければいけません。同じ動物の部分が残ってしまうとどちらかを裏返して羊の面にしなければなりません。羊には能力がないので場合によっては大幅な減点になります。

各季節、課題とされた能力の数の合計が一番高い人がメジャーポイントを獲得し、2位がマイナーポイントを獲得します。

コンクール

砂時計を取ったプレイヤーが選んだ季節のシメールについてコンクールが始まります。

例:「この中でもっとも魅惑的な夏のシメールはどれでしょう?」

各人自分のシメールがいかにお題に沿っているかをいろいろとアピールします。

全員アピールが終わったら、一斉に自分ではなく他のプレイヤーのシメールを指で指名します。指名されたプレイヤーはコンクールの得点を獲得できます。

これを3年分(3回)繰り返しもっとも高い得点を取ったプレイヤーが勝利します。


留意点

序盤はリアルタイムの配置合戦となります。他のプレイヤーのところに置けるのがミソで「うわー、そこ置くなー」との叫びがこだまします。

中盤はパズルです。季節の課題をよくみてどの季節のシメールで勝ちにいくか、どれをあきらめるか、パズルしながらの時間との戦いです。

終盤は会話タイムです。いかに自分のシメールが優れているかをこじつけでもいいからアピールできるかが鍵です。

完成した名前も笑えます。フランス人ならなおのことだと思います。
真ん中の胴体にあたるタイルの文字が必ず母音から始まっているのが特徴です。これにより3つの動物がつながった時単語の発音が成立しています。

DSC_0551.jpg
ライオン(LION リオン)
カタツムリ(ESCARGOT エスカルゴ)
カメレオン (CAMELEON カメレオン)
のパーツを組み合わせて。。。

DSC_0552.jpg
シメールその名もカマロン(CAMARON)の誕生!!

ゲーム中、会話が入り、フランス人受けするゲームです。このアドリブが入ったファジーなルール作り辺りはフランス人好みの作りでドイツゲームとは一線を画します。

まとめ

前半のリアルタイムでのタイルの配置、中盤のパズル、そして後半の会話を交えたやりとりなど変化に富んだゲーム展開になります。
しかしこれはやはり日本語版が出た方がいいでしょう。言葉の遊びもありそのほうが盛り上がります。
スポンサーサイト

日本在住の外国人とボードゲーム会

日本在住の外国人とボードゲーム会に参加してきました。

最初はお邪魔もの2。役職が増えていますが、緑ドワーフと青ドワーフの判断は難しく前作よりややカオス気味になっている印象を受けました。

その後は持参したピエスモンテを3人でプレイ。対戦する二人は今日が初めての参加で変わったゲームをチョイスしてみました。易しめの花火の感覚で珍しいルールは彼らには新鮮だったようですが、楽しんでもらえました。
ピエスモンテについてはこちら

DSC_0503.jpg
その後はやはり私が持参したスィー オブ クラウズ(Sea of Clouds)(英語版)。ギークやトリックトラックでの評価が高く多くのリクエストがありました。

プレイヤーは空飛ぶ海賊をプレイします。

DSC_0478.jpg
4種類(海賊、レリック、ラム酒、目的)のカードを集めながら得点を競います。カードの裏は4種類のアイコンが描かれていて裏向きであってもどの種類のカードかはわかるようになっています。

DSC_0479.jpg
手番では場にある裏向きになったカードをこっそり見て気にいればそのまま獲得。気に入らなければ元の場所に戻して右隣のカードを同じように見ます。選ばなかったカードには新たなカードが1枚加えられていきます。

同じ種類のカードを集めれば集めるほど得点が高いのですが1、2枚しかないと逆にマイナス点を食らうのでこのあたりで自分の欲しいカードに差が生じてきます。

指定されたラウンドで戦闘が起こります。海賊のカードの数値で勝敗を決めます。

海賊のカードを集めたプレイヤーが強過ぎて海賊のカードをたくさん集めた2人の一騎打ちの状態になってしまいました。今回は初プレイということもあってうまく対応できませんでしたが、海賊戦術にどう対抗していくか、戦略を練り直して再挑戦したいと思います。

DSC_0480.jpg
最後はカナダ人が持参したタイニー エピック ギャラクシーズ(tiny epic galaxies)。ロールフォーザギャラクシーのようにダイスを振って惑星に移動したりそこで活動したりして得点を競うゲームです。

ダイスの目は6種類で最初は4個しか振れませんがかなり悩みます。先読みと運だめしの要素をうまくミックスしています。

DSC_0482.jpg
各プレイヤーのプレイボード。ベースと呼ばれます。ダイスを振って自分のベースの文化レベルやエネルギーを上げて様々なアクションを選択できます。

DSC_0481.jpg
中央に置かれた惑星。ここに自分のロケットを移動してその惑星の特殊効果を選ぶか、あるいはここで活動をしてその惑星を獲得するか。選択の幅が広いです。またそのアクションの順番が極めて重要なのでみんな各手番で長考します。

惑星を獲得したり、自分のベースのレベルを上げることでダイスやロケットの数を増やすことができ、より効率よく得点を稼いでいきます。

Untitled.png
特殊効果で便利なものがあるとみんな一斉にその惑星に移動して満員電車のようになることもあります。

このゲームでは他のプレイヤーが選んだアクションを自分のベースの文化レベルを消費してコピーすることが出来ます。このため、自分の手番でも気を抜けません。「あ、ちょっと待って。([以下心の声]このアクションを選ぶと向こうがコピーするかも。そうするとこの惑星が盗られてしまうではないか)」が各手番で連呼されます。

この手のゲームは大人数だとダウンタイムが恐ろしく長くなることが多いですが、このコピーの効果によって他プレイヤーの手番でも便乗できます。逆に文化レベルが0だとコピーができません。このコピーのタイミングが実に重要で、どのタイミングでコピーするかプレイヤーの力量が問われます。

DSC_0483.jpg
初プレイでは覚えるルールが多く、ややとっつきにくい印象ですがプレイした皆んなが再プレイを希望し2回プレイしました。5人でプレイすると時間はかかるゲームですが、慣れてくると4人くらいで熱いプレイができそうです。

 まあアメリカ人が飛びつきそうなテーマのゲームではありますがロールフォーザギャラクシーとは違ったSFもののダイスゲームをプレイしてみたいのであれば試してみるのもありかと思います。

この後はみんなで食事。ラーメンを食べながらゲームマーケットの話題で盛り上がっていました。

ファイナルタッチ

絵の具の色を組み合わせて絵を作るゲームというとパスティーシュが思い浮かびますが、今回はライトなフランスのゲーム、ファイナルタッチを紹介したいと思います。

IMG_1236.jpg
2人から4人まで遊べます。コロンバのように4人では2人一組のチーム戦です。

準備

IMG_1238.jpg
5色の絵の具カードがあり、シャッフル後、各プレイヤーは5枚のカードを受け取ります。

DSC_0412.jpg
場には作品の山札が裏向きに配置され、一番上の作品カードを中央に配置します。

DSC_0434.jpg
作品カードにはこの作品を完成させるために必要な絵の具の色と数が明記されています。

DSC_0413.jpg
裏側の絵。どっかでみたことがあるような。。。。

手番では1か2のいずれかが選べます。

1) カードに示された色の絵の具のカードを作品カードの横に好きなだけ5枚まで出せる。その後、山札から手札が5枚になるように補充する。

2) カードに示されていない色か、すでに条件を満たして完成に必要のない色のカードを絵のカードの反対側に1枚配置する。これは落書きを意味します。その後、山札から手札が5枚になるように補充する。

注:パスはできません。

IMG_1239.jpg
例:上の場合、青2枚、黄色3枚、赤1枚、緑2枚、茶2枚のうち、好きなだけ配置することができます。

IMG_1241.jpg
手番で置けるカードの枚数は5枚までなので何枚置いても構いません。

IMG_1242.jpg
落書きは反対側に配置します。手番に置けるのは一枚だけで絵の完成に必要でないカードしか置けません。

IMG_1243.jpg
上の場合、黄色いカードは置けません。まだ完成させるのに黄色いカードを2枚必要としているからです。

絵の完成

IMG_1245.jpg
カードに示された色のカードがすべて揃ったら絵が完成します。完成させたプレイヤーがそのカードを裏返して表向きに受け取ります。点が倍になります。

IMG_1246.jpg
完成させたプレイヤーが作品カードを裏返して獲得します。この場合、10点入ります。


絵の失敗

三枚目のラクガキカードが置かれた場合、3枚目のカードを置いたプレイヤー以外のプレイヤーにその絵が渡ります。3人プレイの場合は残り2人のプレイヤーの間に配置します。得点は両方にその点(上の写真の場合、5点ずつ)が加算されます。4人プレイの場合は相手チームに入ります。

次の作品カードを山札の一番上からスライドし、それが次に完成させる作品になります。

前の作品カードを完成させたプレイヤーあるいは3枚目の落書きカードを置いたプレイヤーから始めます。

ゲームの終了

誰か(チーム戦は合計得点)が25点以上獲得したら勝利です。


所感

 極めてシンプルなルールですが、よくできています。カードは点が低いほど完成させやすく、高いほど難しくなります。自分の手番で完成できない時、何枚までカードを配置するか悩みます。また次に完成させるべき作品カードが見えているというのもこのゲームのポイントです。

DSC_0431.jpg
 ゲームの肝はもちろん誰が絵を完成させるかなのですが、得点に幅があり、最低2点最高12点です。25点以上で勝利なので12点のカードをめぐる攻防は非常に大切になります。すべてのカードを獲得するのは難しいので点の低いカードは相手に譲るというのも一つの手と言えるでしょう。

IMG_1247.jpg
完成させると12点入る作品カード。12点取りに行くか、相手に6点を与えて抑えるか。考えどころです。

IMG_1244.jpg
落書きの配置がこのゲームの面白いところで、2枚目の落書きカードが置かれると次のプレイヤーは3枚目の落書きを出すことになると点を相手にもっていかれるため、完成できなくてもカードを出すように追い込まれます。つまり出さざるを得ない状況にもっていく/いかれるという事です。

DSC_0411.jpg
このような状況で1枚完成のために出して次のプレイヤーに完成させられるなら落書きするか、あるいは勝負に出るかの選択になります。勝負に出た後は次のプレイヤーの手番で相手が完成できるのかできないかドキドキ感があります。

二人戦はガチで、3人戦は読みあいからのハメ技の応酬、そして4人戦はパートナーとの息を合わせた協力プレイが必要になります。

IMG_1248.jpg
IMG_1250.jpg
作品カードを眺めていると有名な絵のパロディになっていて笑えます。なにげにゲームが絵の中に。。。???


まとめ

DSC_0433.jpg
プレイ時間は15分から20分くらいですが、決して簡単なゲームというわけではなく、次の作品に必要なカードの管理など手札のマネッジメントや他プレイヤーが持っているカードの色など読み切るほど熟練したプレイヤーの前では完敗を喫することもあります。絵も眺めるだけでも笑えて初プレイでも楽しめるでしょう。

日本在住の外国人とゲーム会

日本在住の外国人が主催するボードゲーム会に参加するため、大船へ。その前にいろいろお世話になっているけがわさんに会いに逗子を訪れ、その後、一緒に昼ごはんを食べました。

IMG_1202.jpg
行ったのはけがわさんおすすめの北鎌倉にある「笹の葉」という精進料理のお店。

IMG_1204.jpg
小さな民家に大勢のお客さんが。料理の方もリーゾナブルな値段ですごく美味しかったです。

IMG_1205.jpg
その後、けがわさんと円覚寺を散策。抹茶を頂きました。なんだか日本の良さを再発見したひとときでした。

IMG_1207.jpg
けがわさんは別の用事があるためここで別れ、ゲーム会場へ。今回、参加者は10数名ほど。

最初に2人ゲームを紹介されてプレイしました。

タイトルは偶然にも先ほど頂いた「抹茶

IMG_1210.jpg
最近は日本語のタイトルが多く、出てきても驚きませんが、よく日本のいろいろな題材でゲームを作るものだと感心します。抹茶に関するアイテムを獲得し勝利を目指す手頃なカードゲームです。

IMG_1211.jpg
カードはよくできていて綺麗です。

カードは1から4の数字、4種類(水、茶葉、茶杓、茶碗)の組み合わせ計16枚からなります。

これを10枚と6枚に分け、10枚の方に抹茶カード2枚を加えてシャッフルし、2枚取り除いた後、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。残りの6枚を場に配置します。この6枚を各プレイヤーの手札の数字か種類で勝負します。

IMG_1208.jpg
先述のように場には数字か種類で競うカードがあり、自分が欲しいアイテムが表記されたカードの横に手札を裏向きに配置し、相手も欲しい場合はそのカードの反対側にやはり裏向きに配置します。例えば数字で勝負する場合、そのカードの数字と同じ数字のカードを配置する必要があります。数字と種類には強弱があり、お互い同じだった場合でも必ず決着がつくようになっています。勝った方がそのカードに示されたアイテムを獲得できます。

手持ちのカードで勝てないとわかったときはパスができ、また相手が勝ちにきていて、自分が負けると思った場合、場にミスマッチするようなカードを配置すると、さきの4種のアイテムとは別の「茶筅」が手に入ります。お互いミスマッチした場合はどちらにも「茶筅」は手に入りません。

IMG_1209.jpg
アイテムを5種類集めるか、同じ種類の物を5つ集めたほうが勝ち。

相手の手札をカウンティングしながら、ここは出てここは引く。ただし勝てなくても相手がおそらく勝ちに来ていると読めば、茶筅が手に入るというひねりが入っています。でも相手も同じことを考えていた場合はどっちも手に入らないというのがミソです。

シンプルでカウンティングもしやすく、2人で短時間ででき、うまくまとまっているゲームという感じです。

そして今回のゲーム会で印象的なゲームがこのミスティックベイル(Mystic Vale) 。日本語に敢えて訳すなら「神秘の谷」というところでしょうか。

IMG_1227.jpg

ドミニオンのようなデッキビルディング系のゲームですがちょっと変わっています。オリジナルのドミニオンと同様、初期の手持ちカードの構成は全員同じです。しかし手札が公開でかつ公開する枚数も変わった縛りがあります。

IMG_1213.jpg
自分の手持ちのカードをシャッフルして山札にし、手持ちのカードを場に公開します。公開する枚数は毎回同じではなく、カードに示された枯れた木のアイコン(カード左端の赤丸)が3つ出るまで公開でき、3枚目の枯れた木のカードは山札の上に置いてそのターンでは使えません。つまり最悪のときは2枚しか使えないターンもあれば運が良ければ3枚目の枯れた木のカードが出るまで何枚も場に公開できるときもあります。

IMG_1218.jpg
さらに面白いのは3枚目の枯れた木のカードが出た時、もう一度枯れた木のアイコンが出ないかぎり山札をめくることに挑戦できます。これをプッシュと言います。もう一度枯れた木のカードが出てしまった場合はバースト。公開されたカードはすべて捨て札になります。ただ手持ちのトークンを裏返して1マナを獲得できます。

公開された手持ちのカードには効果を付加できるカードを購入するためのマナやアイコンが印されています。

場には購入できるカードが三段に並べられ、レベル1が安く、レベル3が高くなっています。

IMG_1214.jpg
その購入するカードですがなんと透明なカードに効果などがプリントされています(写真右)。

IMG_1215.jpg
このカードを重ねることで1枚のカードがより効果を持つようになってきます(上写真)。このようにして自分のデッキを少しずつ強化していきます。

カードはランダムに重ねられるわけではなく、同じ段同士では重ねることが出来ません。うまくカードを購入すると上段、中段、下段で構成されるカードが完成します。

IMG_1217.jpg
カードを強化したら得点や付加効果を発動するカードを買うことができます。これらはデッキに組み込まず自分の手番で毎回発動させることができます。

今回は4人でプレイ。序盤マナを増やすカードがなかなか入手できずにドミニオンでいう金欠状態。他プレイヤーがマナを上げたカードを作成し金満になっていき、レベルの高いカードをどんどん入手していく展開。しかし付加効果をもつカードを購入して他プレイヤーに対抗します。完敗したかと思えば首位と一点差という僅差のゲーム展開となりました。

所感

オリジナルのドミニオンでは手札の中身によっては何もできないターンがありますが、このゲームでは手番で状況を向上できるような手段がいくつかあります。例えばカードにマナを増やすカードをかならず購入できます(早い者勝ちではあるが)。あるいはプッシュに挑戦してみて失敗しても1マナを獲得出来ます。

 また運試しの要素も入っています。バーストしてもマナが獲得できるので次のターン以降では役に立ちます。運が良ければ経験者にも勝つチャンスが生まれます。とはいえプッシュの効果は場合にもよりますが、原則としてゲーム全体をひっくり返すほどではないのでその辺はバランスが取れています。

まとめ

カードのレベルアップの後に付加効果や得点カードの購入をするのでドミニオンに比べると時間はかかりますが、慣れてくるといろいろな戦略が取れるゲームだと思います。

IMG_1223.jpg
次にプレイしたのは商人達の谷(Dale of Merchants)

動物のカードを使ったゲームです。カードには数字と動物のスートで構成されます。

手番では手札を使って市場からカードを購入するか、カードの特殊効果を発動させるか、ストールするか選びます。

IMG_1220.jpg
手持ちのカードを増やすために市場からカードを入手します。山札から近い(場に出たより新しいカード)ほど値段が高くなります。

IMG_1219.jpg
各カードすべてに特殊効果が記載されてます。動物の種類によって似たような効果が発動します。カードは特殊効果を使うか左上の数値をもとに市場からのカードの入手に使います。

IMG_1221.jpg
自分の前にカードの数値の合計が1、2、3になるようにストールしていきます。各ストールは同じスーツで構成しなければいけません(一部例外を除く)。8をストールしたプレイヤーが勝ちます。

カードの効果を駆使し、その上でカードをうまくストールしていくマネッジングが必要です。ゲームとしてはあまり目新しさはなく、またカードの特殊効果が多すぎて、昨今のカードゲームに慣れたプレイヤーにはもう少し削ぎ落とした方が好まれるでしょう

3人になったところで持参したサピエンス。ゲーム内容についてはこちら

IMG_1224.jpg
このゲームは2人から4人まで遊べますがどの人数でも熱いプレイができます。アメリカ人も気に入っていました。自分は進出したいところに熊さんを置かれてそれを取り除けず負けました。火のタイル(熊タイルを除去できる)を入手できなかったのがイタかったです。

最後にプレイしたのはスマッシュアップ

IMG_1225.jpg
なぜかアメリカ人の集まるゲーム会ではスマッシュアップはよくプレイされます。今回自分がプレイしたのはニンジャとマッドサイエンティストの組み合わせ。

協力プレイしつつ、他人の足を引っ張り合う賛否両論のマンチキンの流れを組むだけに好きな人にはたまらないのでしょう。

ここで自分は帰路につきました。圏央道が通じてからか思ったほど往復に時間が掛かりませんでした。また参加したいと思います。

イエース!

難しすぎず、簡単すぎずお題を出すディクシット
連想ゲームと逆転の発想で人気を博し日本語版も出たコードネーム

IMG_1199.jpg
今回はディクシットとコードネームを合わせた感じのコミュニケーションゲーム「イェース(Yesss!)」を紹介したいと思います。
 このゲームには対戦タイプと協力タイプのルールがあります。今回は対戦ルールについて紹介します。3人から7人まで遊べます。

概要

IMG_1181.jpg
場には7つの絵が示されてます。この7つのうち2つの絵のペアを当ててもらおうというゲームです。ただし当ててもらうのは自分ではなく隣りの人です。

ルール

IMG_1198.jpg
場に7枚の目的カードが配置されます。各カードには1から7の数字がそれぞれ割り当てられます。

中央には二つの数字が書かれたペアトークンがあり、まずプレイヤーは中央に裏向きに伏せられたトークンのうち3つを取り秘密裏に確認します。その後、その3つの中から1つを選び隣りのプレイヤーに渡します。そのトークンに示されたペアは隣りのプレイヤーがプレイする事になります。

IMG_1230.jpg
ペアトークン。7つの絵の中から2つの絵を選ぶので21通りの組み合わせがあります。

各プレイヤーは隣りのプレイヤーから渡されたトークンを確認し(*)場にある7枚の目的カードを見ながら、 自分に課されたペアを他のプレイヤーに当ててもらうように自分の番で1単語だけ言うことができます。

*あまりに難しいと思ったらプレイヤーはペアトークンを自分に渡したプレイヤーに突き返すことができます。突き返されたプレイヤーはそのペアトークンをプレイしなければなりません。反対隣りのプレイヤーから渡されたペアトークンも合わせて2回分、単語を考えなければいけません。

IMG_1228.jpg
単語を言ったら、他のプレイヤーはそのペア(2つの数字)を予想し、自分の数字ボード上の数字2つに指で示しておきます。時間になったら全員同時に公開します。

単語を言ったプレイヤーは場の中央にトークンを表向きにおいて正解を発表します。

正解したプレイヤーは1点、お題を言ったプレイヤーは正解者の数だけ得点します。そのプレイヤーにお題を渡したプレイヤーは不正解者の数だけ得点します。

全員お題が終了したら使用した目的カードを棄て、新しい目的カードで次のラウンドを始めます。ペアトークンを裏向きに全て中央の戻して同様にプレイしますが、今度は逆回りにペアトークンを渡してプレイします。

規定回数プレイ後、一番多く得点を獲得したプレイヤーが勝ちます。

実例から

実際にプレイしてみるとみんな思いがけない発想で単語を見つけてきます。

IMG_1231.jpg
例:

 Aさんに課されたペアは「」と「」。Aさんは「美女と野獣」と言いました。
さてどのペアでしょうか?

 Tさんのペアは「」と「」。
Tさんが言った単語はなんと「リカちゃんハウス」!

答えは反転させると見えます。

所感

どれを渡そうか?

まず最初に隣りに渡すのは3つのペアトークンのうち一つ。ここでみんなけっこう考えます。明らかに簡単なものは渡せないし、あまりに難しいのは突き返された時の対処を考えておかなければなりません。自分がおこぼれをもらえるようなペアを相手に渡すというのがミソです。

これは突き返されることを狙っている?

隣りのプレイヤーから渡されたペアトークンがあまりに難しいことがあります。「こんなのどう考えても無理だろ、突き返すか」と。しかし相手がそれを見越して突き返されるのを期待していることもあります。このような時に結構悩むわけです。「一体隣りはどんな単語でこのペアをつなぐのか」と。いろいろ考えて突き返して後悔したり、あるいは無理に受け取って自滅したり。そんな思いがけない心理戦が起きるのもこのゲームの面白いところです。

日本人とフランス人のゲームの考え方の違い

日本人同士でプレイする場合、この手のゲームをするときには「言っていい単語をどの範囲まで許容するか」という議論がよく起こります。このゲームにおいてもそのへんは厳格でなく(*)、日本人同士のプレイヤーではルールについて明確にするか予め決めた方がいいかもしれません。

*ルールでは「色」と「複合語」は不可で、また絵ではなく番号を連想させるものも不可。たとえば「2」と「3」のペアで「香川」と言うのは不可(香川の背番号は23)。それ以外はなんでも可となっています。

実際、先ほどの「美女と野獣」「リカちゃんハウス」などは「2単語なのでは?」「いや作品名、商品名だからいいんじゃない?」、みたいな議論が起きました。

一方フランス人はこの辺は結構テキトーでむしろその場でのアドリブをみんなで楽しむという感じです。原則ルールに書いていないことは何でもOKという考えです。このあたり毎年アスモデから山のように軽めのパーティーゲームが出てくる所以かも知れません。

まとめ

IMG_1180.jpg
コードネームをパーティーゲームに、得点方法をディクシットを参考にしたゲームといえます。プレイヤー全員で同時にプレイでき、7人まで楽しめるのはウリと言えるでしょう。

参考:
QUI PAIRE GAGNE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。